日本地域看護学会第23回学術集会(大阪)開催方針について
 このたびの新型コロナウイルス(COVID-19)の感染により,亡くなられた方,ご遺族に謹んで哀悼の意を捧げますとともに,被患された皆様に心よりお見舞い申し上げます.また,人々の健康と生活をこの感染拡大からまもるために日々ご対応にご尽力いただいている会員の皆様,保健医療福祉職の皆様に深く敬意を表します. 2020年4月7日に政府により緊急事態宣言が発出されたことを受け,日本地域看護学会理事会ならびに学術集会関係者企画委員会にて8月29日(土),30日(日)に,大阪にて開催予定の学術集会への対応方法について慎重に検討して参りました.
 その結果,ご来場の皆様の安全と健康を第一に考え,現地開催を中止とし,誌上開催に変更することに決定いたしました.今回の決定に伴い,下記の通り,手続きを進めて参ります.
  1. 企画プログラムならびに一般演題,ワークショップ等の抄録につきまして,講演集として誌上発表といたします.
  2. 講演集は電子配信いたします.
  3. 演者の皆様には抄録掲載等の可否につきまして,改めてご意向を伺った上で,演題登録費(3,000円)のお支払いをお願い申しあげます.
  4. 既にお振り込みいただきました参加費等は全額返金いたします.返金方法につきましては,後日ご案内します.
  5. 現地開催中止に伴う,旅費,宿泊費のキャンセル料などの費用は一切負担いたしません.
 学術集会にて,ご講演や演題発表等をご準備頂いていた皆様,ご参加をご予定されていた皆様,ならびに運営関係者の方々には,深くお詫び申し上げます.何卒,よろしくご理解,ご協力のほど,よろしくお願い申し上げます.
 なお,今後の情報更新につきましては,適宜学会ホームページやメール配信にてご案内いたします.
2020年4月27日
一般社団法人日本地域看護学会
理 事 長  宮﨑 美砂子
日本地域看護学会第23回学術集会
学術集会長  河野 あゆみ

 

 

CONTENTS

 

協賛企業