複数の構成概念間の関係を検討することができる統計的手法の『共分散構造分析』は、なかなか使ってはみたいと思っても具体的な方法がわからないため取り入れることが難しいと感じる方も多いと思われます。
そこで、本年度の研究活動推進委員会主催第1回研究セミナーでは、「保健医療のデータ活用のためのSPSS&Amos実践研究会」の代表を務める中山直子先生から、共分散構造分析の基礎をふまえ活用事例をお話していただき、実際に用いてみることを目指したいと思います。  
日 時: 平成29年625日(日) 14:30~17:00(受付:14:00~14:30)
場 所: 慶應義塾大学 三田キャンパス 東館8階ホール(東京都港区三田2-15-45)
内 容:
「テーマ:挑戦!! 共分散構造分析」   
講師 横浜創英大学(専任講師) 中山 直子 先生
募集定員: 100名(事前申し込み 先着順)
会 費:
学会員2,000円
大学生・大学院生2,000円
非学会員5,000円
☆当日、受付にてつり銭のないように現金でお支払いください。
申込方法:
受付を終了いたしました.
会場アクセス:
慶應義塾大学 三田キャンパス 東館8階ホール(東京都港区三田2-15-45)
(東京都港区三田2-15-45)
 
・田町駅(JR山手線/JR京浜東北線)徒歩8分
・三田駅(都営地下鉄浅草線/都営地下鉄三田線)徒歩7分
・赤羽橋駅(都営地下鉄大江戸線)徒歩8分